最近広島でも熊が出る!

最近、広島でも熊が出ます。
私が小さい頃には、よく地元の新聞に人が熊に殺されたと言うのが、結構しょっちゅう記事で出ていて、学生でも知っている位でした。
だからそんなに珍しい事じゃなかったけど、あれから頭数管理が進んでもうめっきりそんな話は聞かなくなっていました。
けど、また新たにここ最近「なんか、あっちの山で夜は熊が出るって。だから、夜は危険だから近づいたら絶対ダメ」とか、母が怖がったりしていました。
でも、あれからしばらく何も被害がなかったので、もう収まったと思ったのに3日前、パトカーが「この団地で熊が出たとの通報がありました。危険ですので、外に出ないで下さい。」と何度も回っていたので、こんな普通の団地にまで子供の熊かなんかが出るんだ…と思いました。
とにかく、また県をあげての頭数管理が始まるのか、と思います。
以前、平和公園のハトも増えすぎて糞の害が酷くて頭数管理を行政がやりました。
多分、宮島のサルも、鹿も、全体ではイノシシもやったのではないかと思います。
頭数管理やったのは熊だけじゃないです。
でも早くしないと、一回手の爪でガリッとやられたら人間は即死です。
北海道はちょくちょくニュースでやっていたので、知っていましたが、まさか広島市内まで…ただ、もう絶句です。

DHAは私が積極的に摂りたい成分

DHAは脳に多くある成分で、自分で生成する事が出来ないために、外から積極的に摂る必要があるのは皆さん知っていると思われます。

特に脳を良く使う受験生や、考える事が多い人などもDHAは多く摂りたいものです。

私はフリーライターをしていて、毎日何かしら考えて文章作成をするのが仕事なものですから、DHAについては気にしています。

しかし魚が苦手でDHAが多く含まれるかつおなどは、生臭い感じがして食べられません。

マグロなども良いのでしょうが、毎日大量に食べる事などは絶対無理ですよね。

何とか摂りたいと思い、現在はサプリメントを利用して毎日継続して飲んでいます。

私が利用しているのは、カツオのDHA成分に黒ゴマのビタミンE、セサミンをプラスした最強コンビなサプリです。

このサプリは国産でリーズナブルな価格である事からも選びました。

これで集中力アップで仕事の効率もはかりたいし、ネタを探すための思考力も高めたいと思います。

コレステロール値も運動で改善?

中年になると生活習慣病が気になり、コレステロール値、尿酸値、血糖値など影響するものはたくさんありますが、食事療法による減量、適度な運動によって改善をしなければと思ってはいます。

健康診断でメタボとわれる様な高い数値があったりすると、がっかりしますし私も中年になったなあとつくづく思うです。

改善と言っても簡単には出来ませんし、ある程度の意識がないと成功もしないですよね。

私はコレステロールが高いので、健康診断の結果を見ると、妻は卵を控えたりなるべく野菜中心の生活にしたいとそれなり食事を考えてはくれますが、昔から脂っこい料理が大好きな私には我慢という事しか頭になく、結局肉中心の食生活に戻ってしまいます。

コレステロールにも種類があるそうですが、一部を運動で下げる事も出来るようなので、ウォーキングなどがおススメとありました。

通勤や外回りで歩くとはいえ、それでは運動量が足りているとは言えません。

人はどうしても楽な道を選びたいし、緊急性な体調不良がない限りなかなかきちんとした改善方法は出来ないですよね。

魚の栄養と言えば、何を思い浮かべる?

あ〜、もう!

本当にうちの子はどうしてこんなに元気があるんでしょうか...(苦笑)。

いや、元気に健康に、スクスクと育ってくれるのは嬉しいのですが、その元気が有り余る様なパワーを毎日見せつけられては、私もさすがに疲労がたまります(汗)。

しかも、男の子じゃなくて女の子なんですよ。

もうね、初めて会う人とかには絶対に男の子だって思ったと言われるんです。

まぁ、確かにあのパワー感ならそう思うのも無理はありません。

その娘なんですが、もう一つビックリする事があって、本当に好き嫌いがないんですよね。

野菜も大好きだし、魚も毎日食べるくらい好きなんです。

元々、旦那が魚が大好きで毎日の様に食べていたのを分けてもらっていたのがスタートだと思うのですが、お魚の栄養ってタンパク質だけじゃなく、DHAとかEPAとか、摂った方が良いものがたくさん含まれていますから、こうやってよく食べてくれる事は親として嬉しいかぎりです。

ま、あとは私みたいに太らなければありがたいんですけど(笑)。

オメガ脂肪酸が体にもたらす作用って?

皆さんは、普段から油分の摂取について意識をしていますか?

男性だと、あまり意識していない人も多そうですね。

と言う私も、女性の割にあまり気にしていないんですけど(苦笑)。

ただ、何となく油分は体の敵と言うイメージがありますけど、実際には必ずしもそうでは無いらしいんですよね。

体、特に脳に必要な油分と言うものもあるんです。

それが、オメガ脂肪酸と言うものらしいんですよね。

オメガ脂肪酸と言う名前はあまり聞いた事が無いかもしれませんが、DHAとかEPAとかなら聞いた事があると言う人もいるかも知れませんね。

これらは、脳の働きを良くする働きがあるらしいのですが、加齢とともに減っていくらしく、私くらいの年齢になると積極的に外部から取り入れていかなければいけないらしいんです。

そんな事を聞いてしまったら、サプリメントなんかを買わずにはいられなくなってしまいますよね(苦笑)。

EPAをたくさん摂るようにしよう

来年の私の目標。バランスよい食事を食卓に並べる事。どうしてもお肉料理に偏ってしまう我が家の食卓。野菜はなるべく毎食出す様にはしているけど、子供はあまり食べないしね。私があまり魚が好きではないので、魚料理もあまり作らない。自然と子供もあまり魚は好きではなくなってしまった。でもそれではだめだよね。なんでも食べなくては。来年はお料理の研究の年にします。子供にはもちろんもう中年になった旦那さんや私も食事内容はすごく大事。よく血液がさらさらでないと血管がつまりやすくなってしまうというものね。血液をさらさらにするためには、EPA成分を積極的にとるのがいいらしい。ではどんな食べ物がEPAを多く含んでいるのか。それは魚なのです。EPAは血液をさらさらにするだけではなく、持久力の向上につながるみたい。抗アレルギー効果、精神安定効果、眼精疲労抑制効果、肌の潤い効果などにもいいみたい。

 

 

 

DHAの事を調べてみました

私はあまりお魚が好きではない。どっちかというと肉食系。そんな話を友人としていたら、それではDHAが全然とれないじゃんと言われた。DHA?何だかはじめて聞く言葉。ちょっとDHAについてしらべてみた。丁度、DHAのよくある質問なんていうサイトをみつけたんだよね。人間は一日につき1gから1.5gのDHAを摂取するのが理想的だというのだ。それらを食事でとろうとすると、焼いたサンマなら約半尾分、マグロのお刺身だと4から5切れ食べなくてはならないらしい。そんなの毎日の様には食べられないよね。DHAをできるだけ摂取するのには、新鮮な生の魚、旬の時期の脂ののった魚を食べるのが一番効果的らしい。じゃあお魚を毎日食べている人はDHAが多すぎてしまわないのかなと思ったのだが、DHAは、恒常性維持機能が働くので一定以上は増えないんだって。DHAのサプリメントもあるみたいだから買ってみようかな。

 

特定保健用食品は一応症状改善効果が認められている

この頃店頭に並んでいる健康食品には、特定保健用食品や栄養補助食品と記載されたマークがついているものがあります。

中でも特定保健用食品とは通称、トクホとも呼ばれています。

特定保健用食品として販売するには、厚生労働省が作った健康効果のある議準を満たさねばなりません。

健康増進に効果がある健康食品や、体にいいといわれる成分には、使ってみることで健康に効果があり、かつ安全性も高いことをチェックしたものがあります。

臨床試験で使うことで、安全性及び症状の改善効果が認められたものも存在します。

これらの健康食品を他の健康食品との差別化をするため、特定保健用食品や栄養機能食品という名前で呼ぶようになりました。

特定保健用食品は、使い方によって更にいくつかのグループに分けられます。

おなかの調子を整えるものやコレステロールを調整するものなどがあります。

8種の特定保健用食品に対する認可基準が定められています。

食物繊維やオリゴ糖は健康に良い成分であると認められるもので、これらの成分の含有量などが特定保健用食品では基準となります。

健康食品は数々ありますが、その中でも一段違うのが特定保健用食品なのです。

人体への悪影響がないことも考慮されて特定保健用食品は定められていますので、健康増進のため健康食品をを選ぶ時の指針となるでしょう。

お肉ばかりに偏らないことが大事

体にいいメニューを考えるためには、摂取する栄養が偏らないことが重要です。

近年は忙しい人が多く、食事の習慣自体も不規則になりがちな中、1日3度の食事だけでは必要な栄養が摂取しきれない人が多いようです。

酸化防止剤など添加物入りの加工食品や、農薬の多い野菜や果物など、食材自体にも問題があります。

見た目や形が良く、形状が整っている野菜でも、ミネラルやビタミンの量は昔ほど多くないという事実もあるようです。

食事の内容が変化している現在では、体に必要な栄養を食べ物だけからではなく、サプリメントを使って摂取しているという方も増加しています。

忙しい日々を送っている人は、外食や総菜中心で栄養が不足気味だといいます。

食事もあまり手の掛からないインスタント食品などで済ませる場合も増えてきています。

現代人の栄養不足は深刻な問題となっています。

健康増進がブームになっている最近では、サプリメントを使う人も増えています。

生活習慣病の予防や、高血圧や高血糖など身体症状の緩和、ダイエットによる健康作りなどを目的としてサプリメントを使っている人も大勢います。

店頭に並んでいるサプリメントは、多種多様な栄養素の摂取に適しています。

平均寿命が延びている昨今、不規則な生活になりやすい現代人は長く健康でいるために栄養摂取について考えていきたいものです。